【必読】副業戦国時代を生き抜く常識破りの方法
FX

FXの市場時間帯とその特徴を把握しよう!

 

康士郎
康士郎
今回はFXの市場時間帯とその特徴について解説していきます。

 

FXは24時間いつでもトレードできるが…

FXは株式投資とちがい、平日であれば24時間いつでも取引できるのが魅力の1つです。

 

しかし、その1日の中でも時間帯によって相場の特徴や癖はガラリと変わります。

 

自動売買システムを使っていく上では、手動でポジションをとることは基本的にないですが、それぞれの相場の特徴を知っておけば、資金移動のタイミングを計るときなどに役立つでしょう。

 

康士郎
康士郎
リスクヘッジの一環として、大まかな相場の特徴だけでもおさえておくと良いと思います。

4つの市場

為替市場は4つの市場に分けられています。

  1. オセアニア市場
  2. 東京市場
  3. ロンドン市場
  4. ニューヨーク市場

そして、上図はそれぞれの市場において取引が活発になる時間帯を表しています。

あくまで取引が活発になる時間帯を表しているのできっちりとした時間の分かれ目はありません。

ですが、1つの市場が終わると、その影響は次の市場にも及びます。

 

康士郎
康士郎
1つ1つ区切るよりは、流れで覚えておくとよいでしょう。

 

この4つの市場ですが、特に重要なのが

  • 東京市場
  • ロンドン市場
  • ニューヨーク市場

の3つです。

この3つの市場は「世界三大市場」と呼ばれており、世界三大市場が開いている時間帯に取引が活発になります。

夏時間(サマータイム)と冬時間

夏時間(サマータイム)は冬時間よりも1時間早く取引が行われます。

ただし、オーストラリアやニュージーランドなどのオセアニア州は南半球に位置するので、日本時間で、冬時間の時に夏時間に、夏時間の時に冬時間が適用されるので注意が必要です。

■各時間帯の夏時間(サマータイム)

  • 米国:3月第2日曜日 ~ 11月第1日曜日
  • 欧州:3月最終日曜日 ~ 10月最終日曜日
  • 豪州:4月第1日曜日 ~ 10月第1日曜日

※日本には夏時間がありません。
※冬時間が相場の基本時間となります。

また、MT4ではロンドン時間が標準となっているので注意しましょう。

オセアニア時間の特徴

オセアニア市場はニュージーランドのウェリントンとオーストラリアのシドニーの2つの市場で構成されています。

日本だと早朝のため、あまり重要視する時間ではありません。

特に、ニューヨーク時間が終わってから東京時間に入るまでの間は、通常市場参加者が少なく、値動きがほとんどありません。

 

ただし、月曜日の朝のオセアニア時間は要注意です。

 

週末に何か大きな経済指標の発表や、事件が起きたときに、オセアニア時間で相場が大きく動きます。

 

康士郎
康士郎
ポジションを翌週に持ち越す場合、この時間は注意しましょう。

 

とはいっても自動売買システムに任せていれば余程のことがない限り、気にしなくて問題ありません。

東京時間の特徴

東京時間は9時にオープンし、17時にクローズします。

この時間帯は日本人だけでなくアジア地域に住んでいる人が取引に参加してきます。

主に活発になる通貨は円を含む通貨ペアです。

仲値がきまる9時55分は注目大!

日本時間で9時55分のレートがその日の仲値(なかね)となります。

 

◆仲値とは◆

銀行や金融機関が一般顧客に対して提示するその日の為替レートの基準のこと。

両替したい企業が常にレートをチェックしていたら大変なため、「日本時間の9時55分のレートで取引をしましょう」という風習が生まれた。

 

この仲値が決まった直後の10時~12時の間は取引が活発になります。

FX市場だけでなく、東京の株式市場も活発になりますし、オセアニアの経済指標が発表されるのもこの時間帯だからです。

「ゴトー日」も注目しよう!

ドル円に限っていうと、5日や10日などの5の倍数の日や、連休前は円安ドル高になる傾向があります。

というのも、5日や10日といったキリの良い日にちは企業の決済日で、ドルが大量に必要になり、ドルの需要が増えるからです。

また、連休前も海外旅行に行く人が多く、その結果ドルの需要が高まります。

よって、こういった日は円安ドル高になる傾向が強くなるのです。

東京時間の正午からクローズまでの特徴

正午から15時までは相場も安定していき、それほど大きな値動きは見せません。

ただし15時以降から徐々に活発になり始めます。

まず、15時は東京オプションカットの時間です。

 

◆オプションカットとは◆

通貨オプションの権利が執行する締め切り時間のこと

 

◆通貨オプションとは◆

決められた期間に、決められた価格で、ある通貨ペアを売買できる権利を保有者に与えるオプション契約の1つ。

 

ざっくりいうと、「このオプション締め切り前にどうにかしようとする投資家の動き」によって相場が動くということです。

東京オプションカットの数分前から動き出し、15時を境にトレンドや反転によって、値動きが大きくなりやすいです。

また、16時以降からは、徐々に欧州のトレーダたちが参入してくるので、より活発になります。

ロンドン時間の特徴

ロンドン時間は、

  • 夏時間:16時~24時
  • 冬時間:17時~25時

となっており、ロンドン市場だけでなく、パリやフランクフルトなどのEU諸国の市場も開きます。

また、時間帯によってはニューヨーク時間とも重なり、とても活発な動きがみられます。

ロンドン時間は為替だけでなく、金などの貴金属取引も活発です。

 

康士郎
康士郎
ロンドンは、金の現物取引では世界一と言われています。

 

そして、この時間帯に主に活発になるのはユーロを含む通貨ペアです。

中でも一番多く取引されているのがユーロドルで、続いてドル円ポンドドルといったように逃避通貨でもある円にも影響が出ることをおさえておきましょう。

FX初心者はどの通貨ペアでトレードするのが良いのか?選ぶ基本を解説! 通貨ペアとは FXでは、日本円や米ドルなどの異なる2つの通貨をペアにして取引を行います。 この2つの...

ロンドン時間のオープンから22時頃までの特徴

冬時間では17時にオープンし、欧州勢が多く参入することから、それまでの東京時間での相場とは大きく流れが変わる可能性があります。

また、この時間帯に経済指標が発表されることもあり、17時前後は注意しましょう。

21時頃には米国の経済指標が発表され、そのあとすぐ22時にはニューヨーク市場が開くため、値動きがより激しくなります。

ロンドン時間の23時頃からクローズするまでの特徴

22時にニューヨーク市場が開き、24時にはニューヨークオプションカットがありますので、さらに値動きが激しくなります。

また、25時には、「ロンドンフィキシング」という金の仲値が決まるタイミングがあります。

その前後では予期せぬ値動きを見せることがあるので、注意しましょう。

ニューヨーク時間の特徴

ニューヨーク時間は、

  • 夏時間:22時~6時
  • 冬時間:23時~7時

となっており、FXにおいて最も重要な時間帯とされています。

市場参加者も多く、経済指標も多くあるので、かなり活発な値動きを見せます。

ニューヨーク時間のオープンから24時までの特徴

ニューヨーク時間ではロンドン時間と重なる時間帯もあるため、相場が活発になります。

大きな資金で取引をする投資家なども多く参入しているため、トレンドが発生しやすいです。

また、このトレンドは長く続く傾向にあります。

ただし、経済指標や重要人物の重大発表がある時間帯でもあるので、トレンドが反転して、逆のトレンドが生まれる可能性もあります。

そういった発表の時間はあらかじめ把握しておきましょう。

ニューヨーク時間の1時からクローズまでの特徴

日本時間25時になると、金の仲値が決まるタイミングがあるため、その前後では大きな取引がされやすいという特徴があります。

その後、2時を過ぎると、取引の流動性が低下して、相場に落ち着きが見え始めます。

ただし、そういった落ち着いたタイミングを狙うトレーダーもいるため、突発的な動きが見られることもあります。

午前5時頃になると、シカゴの先物取引が終了する時間になります。

この終わり際に売買が一気に膨らみ、その後また落ち着いていきます。

まとめ

今回は、FXの市場時間とその特徴を解説させていただきました。

FXは平日24時間取引できるというのが魅力ですが、このように時間帯ごとに特徴がバラバラです。

自動売買システムを使っていく場合、基本的にはシステムが独自のロジックに従いポジションを持ち始めます。

ただ、こうした各時間帯の相場の特徴を知っていれば、裁量を加えたり、資金移動のタイミングを計ったりすることでリスクヘッジになります。

せっかくFXをやるならチャートが示すその背景を知っていた方が面白いとおもいますし、自分の大切な資金を守るのに知識があるに越したことはありません。

是非、参考にして頂ければと思います。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

【必読】副業戦国時代を生き抜く常識破りの方法