【必読】副業戦国時代を生き抜く常識破りの方法
FX

ABLENETのリモートデスクトップサービス (RDS)ライセンスって何?必要なオプションか?

こんにちは!康士郎です。

今回は、僕のクライアントさんからこんなメッセージを頂きました。

 

クライアントさん
クライアントさん
ABLENETのVPSを契約しようとしたら「リモートデスクトップサービス (RDS)ライセンス」というオプションを選択する項目がありました。これって必要ですか?
康士郎
康士郎
これはちょっと前まではなかった項目ですね。情報提供ありがとうございます!

 

ということで、今回は

ABLENETのVPS契約をする際に出てくる「リモートデスクトップサービス (RDS)ライセンス」のオプションについて解説しようと思います。

もし、あなたが

「この項目なに?」
「オプション追加した方がいいの?」

と迷っているならお役に立てるはずなので、是非最後までご覧ください。

「リモートデスクトップサービス (RDS)ライセンス」とは何なのか

「リモートデスクトップサービス(RDS)」とは、仮想サーバーを使用者全体で共有するサービスのことです。

今回のケースでは、ABLENETのVPSを契約することが前提となっているので、契約した仮想サーバーを複数人で共有するためのライセンスが「リモートデスクトップサービス (RDS)ライセンス」です。

図にすると以下のようなイメージです。

あなたが(管理人)だったとして、あなた以外のユーザーが同じVPSに接続する予定がある場合、その接続のためのライセンスが必要になります。

例えば、あなたが以外で

  • ユーザーA
  • ユーザーB
  • ユーザーC

の3名が接続する場合は、ライセンス数は3つ必要です。

逆に、あなたしか使用しない場合はライセンス数は0で問題ありません。

 

また、ABLENETの「リモートデスクトップサービス (RDS)ライセンス」欄には以下のような注意書きがされています。

※サーバー管理以外の目的でリモート接続するユーザーについては、その人数分の「リモートデスクトップサービス(RDS)ライセンス」が必要となります。

※RDSライセンス数に関わらずリモートデスクトップによる同時接続数は1サーバーあたり2接続までとなります。

特に2つ目をご確認ください。

例え、RDSライセンス数が2つあり、あなたを含め3人が同じサーバーに同時接続をしようとしてもそれはできません。

ここは勘違いしやすいところなので、注意しましょう。

ABLENETの「リモートデスクトップサービス (RDS)ライセンス」は必要なオプションなの?

結論、あなたが1人でABLENETのVPSを使用する場合はライセンス数は0で問題ありません。

その場合、オプション選択は無視してよいです。

ただ、もし複数人で同じVPSを使うのなら、「リモートデスクトップサービス (RDS)ライセンス」は契約しておくとよいでしょう。

また、その他ABLENETの申し込みや設定方法で不明点があれば、こちらで詳しく解説しています。

ABLENET(エイブルネット)のVPS設定方法とその手順 VPSとは MT4 で EA (自動売買システム) を運用するためには、本来であれば常時パソコンを稼働させおく必要...

是非確認してみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

あなたのお役に立ててれば幸いです。