【必読】副業戦国時代を生き抜く常識破りの方法
FX

FX初心者はどの通貨ペアでトレードするのが良いのか?選ぶ基本を解説!

 

康士郎
康士郎
今回は、FX初心者がどの通貨ペアでトレードするのが良いか?選ぶ基本を解説していきます。

 

通貨ペアとは

FXでは、日本円や米ドルなどの異なる2つの通貨をペアにして取引を行います。

 

この2つの組み合わせのことを「通貨ペア」といいます。

 

例を確認していきましょう。

ドル円の通貨ペアがあるとします。

ドル円は「USD/JPY」と表すことができ、

■「買い(buy)」の場合

左側のUSD(米ドル)通貨を買い、右側のJPY(円)を売るという意味になります。

■「売り(sell)」の場合

USD(米ドル)通貨を売り、JPY(円)を買うという意味になります。

このように、FXでは1つの対となった通貨を取引するので「通貨ペア」と呼ばれているんです。

 

通貨ペアの種類と特徴

いくつか代表的な通貨ペアとその特徴を紹介します。

通貨ペア 特徴
ドル円(USD/JPY) 初心者が扱いやすいペア。値動きは穏やか
ユーロドル(EUR/USD) 最も多く取引されているペア
ユーロ円(EUR/JPY) 比較的多く取引されているペア
ポンド円(GBP/JPY) 短期で値動きがあるので、要注意。
豪ドル円(AUD/JPY) 米・中・日の経済情勢に影響を受ける

その他にも100種類以上の通貨ペアが存在しますが、FX会社によって取り扱っている通貨ペアは異なっています。

 

康士郎
康士郎
最初は、上記のような代表的な通貨ペアを抑えておきましょう。

 

ストレート通貨とクロス通貨

通貨ペアは主に2つの種類に分けられています。

  1. ストレート通貨
  2. クロス通貨

①ストレート通貨

ストレート通貨とは、米ドルを軸に取引される通貨ペアのことです。

例えば、

  • ドル/円
  • ユーロ/ドル
  • 豪ドル/ドル
  • ポンド/ドル

などです。

米国は世界の貿易の中心であり、米ドルは基軸通貨です。流通量、取引量どちらも世界一安定しているといわれているので、値動きが比較的安定しています。

②クロス通貨

クロス通貨とは、米ドルを介さない通貨ペアのことです。

例えば、

  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ポンド/円
  • ユーロ/円

などです。

また、クロス通貨の中で、「円が含まれている通貨」のことを「クロス円」といいます。

実は、クロス通貨はそれぞれが直接取引されているわけではなく、ドルを一度介して取引が行われているんです。

<例>「ユーロ/円」の場合

取引①:円でドルを買う

取引②:ドルを売って、ユーロを買う

このように2つの取引をクロスするので「クロス通貨」と呼びます。

 

クロス通貨は、通貨によっては国の情勢が安定していないことや、取引量が少ないケースもあり、値動きが激しいので注意しましょう。

まとめ

今回は、FX初心者がどの通貨ペアでトレードするのが良いかということについて解説しました。

結論からいうと、ドル円が最もオススメです。

特に自動売買システムでは、値動きが激しすぎる通貨ペアで取引をすると、思わぬ損失が発生することがあります。

そういったリスクを極力減らすこともできますが、初心者の場合は、一番安定しているドル円から徐々に慣れていくのがいいでしょう。

それでは、ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

【必読】副業戦国時代を生き抜く常識破りの方法