【必読】副業戦国時代を生き抜く常識破りの方法
レビュー

【実録】マネーイノベーションシステム(MIS)と白石正人の信憑性は?裏側を暴露します!

こんにちは!康士郎です。

今回は、無料オファー案件

白石正人の『マネーイノベーションシステム(MIS)』

が本当に稼げるのかどうか客観的なレビューをしていきます。

 

こちらの案件では必要以上に「噓や誇大広告は一切ない」という表現がありますが、本当に稼げるかどうかの信憑性はかなり低いと思われます。

その秘密はこの案件に隠された裏側にありあます。

この記事では、僕がなぜ『マネーイノベーションシステム(MIS)』の稼げる信憑性が低いと判断したのか、そしてこの案件に隠された裏側についてわかりやすくお伝えしますね!

 

また最後には、令和という副業戦国時代を生き抜くための常識破りの方法をお伝えします。

 

こちらは、本来なら有料級のクオリティのものを”無料”で提供しているので、

もしあなたが、ネット・Webを使って自由に収入を得たいのなら、必見です。

白石正人の『マネーイノベーションシステム(MIS)』とは

こちらは白石正人の『マネーイノベーションシステム(MIS)』の紹介ページを切り取ったものです。

  • 毎月30~100万円以上のあなた専用の収入の柱
  • 簡単なコピペのみ
  • 知識・経験・スキル一切不要
  • リスクゼロで月収100万円以上

といったなんとも怪しいフレーズがとても興味をそそります。

もし本当に簡単なコピペだけで、毎月30~100万円以上を今の生活に加えて、稼ぐことができたら最高ですよね。

 

康士郎
康士郎
さっそくその信憑性を確かめてみましょう!

 

白石正人の『マネーイノベーションシステム(MIS)』の内容

マネーイノベーションシステムがどういった内容なのか確認するためにLINEへ登録してみました。

まずは第1話の動画をみましたが、そこでは具体的なビジネスモデルの話は一切なかったです。

この手の案件は、このように複数回の動画を用意することで僕らに段階的に興味を抱かせるという手法をとります。

実は、アップルも新作iPhoneを発表する時には似たような手法を用いて、ユーザーの興味を最大限引き出すようなマーケティング戦略を組んでいます。

それと理論は一緒ですね!

さて、具体的なビジネスモデルはわかりませんでしたが、

 

おそらく内容は無在庫転売かと思われます。

 

◆無在庫転売とは◆

利益が出るように商品を出品して、売れたら仕入れて発送する手法のこと。仕入れよりも前に出品し、代金を受け取ってから仕入れをすることができるので、在庫を抱えないというメリットがある。

なぜ無在庫転売だと予想できるのかというと、

  1. 白石正人が物販ビジネスに強いこと
  2. コピペで商品を仕入れるツールが存在すること
  3. リスクゼロという表現があること

の3つが根拠になります。

 

康士郎
康士郎
それぞれどういうことか説明しますね!

 

①白石正人が物販ビジネスに強いこと

まず、こちらが白石氏のプロフィールです。

ここには「3つの物販コミュニティの講師を務めている」という記載があります。

 

ということは今回、白石氏が教えてくれるノウハウも物販ビジネス関係であると予想できます。

 

これで逆に「実は仮想通貨です!」って言い出したら信頼度下がってしまいますよね?

なので100%物販だと思われます。

ただ、物販ビジネスといっても、いくつか種類があります

  • 国内で完結するタイプなのか
  • 輸入なのか輸出なのか
  • Amazon、メルカリ、BUYMA、ebayのどれを使うのか

などなど様々です。

このあたりは、第2話で判明してくるかと思います!

 

②コピペで商品を仕入れるツールが存在すること

『マネーイノベーションシステム(MIS)』で月30~100万円稼ぐためにやることは「コピペするだけ」のようです。

これはちょっと言い過ぎなんじゃないかなと個人的には思ってるんですが、

 

実際にコピペで商品を仕入れたり、出品したりできるツール(システム)が存在します。

 

これは今回の案件に限ったことではなく、物販ビジネスでは常識とされているものです。

ですが、だからといってコピペだけで簡単に稼げるのかというと、そうとも言い切れません。

物販ビジネスの原理原則は「安く仕入れて、高く売る」ですよね?

つまり、ライバル(競合)たちと比べて

  • どれだけ安く仕入れることができるか
  • どれだけ高く売ることができるか

でしか差別化することはできません。

仮にツールを使ってコピペで利益が出るような商品を見つけることができても、今回の案件に参加した人たちが全く同じツールを使うことになれば、一気に競合が増えてしまう可能性があります。

 

なので、ツールの性能次第であなたが本当に望むような利益が出せるかどうかが決まります。

 

③リスクゼロという表現があること

『マネーイノベーションシステム(MIS)』では「リスクゼロ」という表現が強調されています。

まず大前提として、この”リスク”という言葉が何を指しているかは不明です。

  • 投資のように資金を失うリスクのことなのか、
  • 借金を抱えるリスクのことなのか
  • 今後同じビジネスを続けることができなくなるというリスクなのか

捉え方でその意味は変わってきますよね?

ただ、僕の経験上、物販ビジネスで”リスク”とされるのは、

 

「仕入れた商品が購入されずムダな在庫を抱えてしまうリスク」

 

のことを指します。

通常、物販ビジネスでは先に仕入れをします。

ですが、それが売れなければ、ただ在庫を抱えるだけで金銭的にもコストになります。

仮にずっと売れなければその分損をすることになりますよね?

 

ですが唯一、無在庫転売であれば、先に出品して売れたことが確認できてから仕入れをするため、在庫をムダに抱えるリスクがないんです。

 

康士郎
康士郎
一見、ものすごい効率的なビジネスモデルのように見えますよね!

 

ただし、これにはデメリットもあります。

それは、納期が遅れたり、在庫切れのキャンセルが起きてしまうということです。

出品した後に、仕入れるはずの商品が売り切れていたら、購入してくださったお客様とトラブルが起こるのはイメージが付きやすいと思います。

そうすると、あなたが出品しているサイトからの評価も下がりますし、それがレビューとなって返ってきます。

レビューが低い出品者からあなたは商品を購入したいと思いますか?

おそらくNOのはずです。

 

つまり、通常よりも売り上げにくくなる可能性があるということです。

 

このようなデメリットの一応あることをしっかりと理解して頂きたいと思います!

【追記】

第2話で明かされましたが、どうやら無在庫転売のリサーチの部分だけを行うというもののようです。

なので、作業内容としては、利益の出る商品をツールを使って探すだけで、本当にコピペだけということになります。

 

さて、ここまでで、『マネーイノベーションシステム(MIS)』では無在庫転売のツールを使ってコピペで稼ぐといった内容であることがイメージできたと思います。

無在庫転売そのものはしっかり存在するビジネスモデルですが、問題なのはここで紹介されるツールの性能がどれだけ優秀なのかということです。

個人的には、ツールはあくまで道具であって、転売で稼げるようになる本質ではないと思っています。

当たればどんな人でもホームランを打つことができるバットがあるとします。

それでも時速150kmのボールに当てることができるバッティングスキルがないとホームランを打つことはできませんよね?

それと一緒です。

ちなみに、補足しておくと、このツールを使用するのは有料になります。

この案件には莫大な広告費がかかっているので、その費用を回収し、しっかり利益をあげれるキャッシュポイントが必ずあります。

 

なので、最後に方で間違いなく高額な案内があるはずなので注意してください!

 

いずれにせよ、あなたはこのツールが本当に誰でも稼げるものなのか気になっているはずです。

ですが、冒頭でお伝えしたように、僕は稼げる信憑性は低いと判断しています。

なぜそう判断できるのか詳しくお伝えします!

白石正人の『マネーイノベーションシステム(MIS)』の特定商取引法

特定商取引法とは消費者が事業者から悪質なセールスを受けないようにするための法律です。

この手の案件では、特定商取引法の内容から信憑性を確かめることができます。

『マネーイノベーションシステム(MIS)』では以下のような記載となっています。

販売事業者名(社名・商号・屋号) 株式会社BANKER6
販売事業者所在地 愛知県名古屋市名駅2丁目9–14 第15平松OFFICE3F
販売事務局 TEL.052-745- 3733受付時間12時~17時(土日祝休み)
代表者または運営統括責任者 下田 隆
代表者または運営統括責任者(フリガナ) シモダ タカシ
連絡先/ホームページ http://banker6.biz/
連絡先/TEL

連絡先/メールアドレス

TEL 052-745-3733 受付時間12時~17時(土日祝休み)

 

 販売価格帯 0円
個人情報について 弊社はお客様のプライバシーを第一に考え運営しております。お客様の個人情報は、

厳正な管理の下で安全に蓄積・保管しております。
当該個人情報は、お客様の同意を得た場合、

法律によって要求された場合、

あるいは当社の権利や財産を保護する必要が生じた場合を除き、

第三者に提供する事はありません。
なお本サイトにご登録された場合、

株式会社BANKER6よりメールマガジンを送ることに

許諾いただいたものとします。

表現、及び商品に 関する注意書き 本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。

 

 

 

記載はある程度しっかりされていますが、黄色マーカーの箇所に注目してください!

 

康士郎
康士郎
まず下からみていきましょう。

 

「本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも利益や効果を保証したものではございません。」

といった内容があると思います。

こちらは一見誇大広告のような表現があっても、このような注意書きをすることによって、法律上のこの記載が優先される仕組みです。

 

つまり、マネーイノベーションシステムを使うことで誰でもコピペだけで月30~100万円を稼げる保証は一切ないということです。

 

ただ、ここの表記に関してはよくあることなので特別気にしているわけじゃないんですが、問題なのは、

 

「株式会社BANKER6」

 

が販売会社ということです。

この会社は過去にあまり評判の良くない情報商材を扱っていたことで有名です。

ここに今回の案件『マネーイノベーションシステム(MIS)』の裏があると僕は思っています。

では、いったいその裏側はどうなっているのか確認してみましょう!

白石正人の『マネーイノベーションシステム(MIS)』の裏側とは?

こちらは「株式会社BANKER6」のHPです。

インターネットのコンテンツ企画・制作及び販売をしている会社ということで、いわゆる情報商材の販売をしている会社になります。

それでは、この会社が過去のどのような活動をしていたのか見ていきましょう。

裏側①「株式会社BANKER6」の過去

「株式会社BANKER6」はこれまで、以下のような情報商材を販売していました。

  • 坂本よしたか・パンダ渡辺の「1000万円ばら撒き企画」
  • 坂本よしたかの「アマテラス世界最大バブル」

この2人はネットビジネス界ではかなりの要注意人物として有名になっています。

どういうことかというと、中身のない情報商材をあらゆる手を使って販売しており、

  • 騙された
  • 返金
  • 集団起訴

といった内容が絶えない人物なんです。

これって冷静に考えてかなりヤバいですよね…

 

康士郎
康士郎
坂本よしたかの案件に関しては僕も過去にレビューしたことがあります。
【実録】巨大利権公募プロジェクトは稼げる?リップルα(リップルアルファ)の信憑性は?こんにちは!康士郎です。 現在、新卒1年目のサラリーマンとして働きながらも、Webビジネス×投資で副収入を得ながら生活をしています...

 

この2人の販売しているもので実際に「儲かりました」という声を僕は1つも聞いたことがありません。

じゃあ、この2人と『マネーイノベーションシステム(MIS)』とは関係があるのか?

という疑問が浮かぶと思いますが、

 

めっちゃ関係しています。

 

鋭いあなたなら、もう気付いているかもしれませんが、『マネーイノベーションシステム(MIS)』で視聴できる動画にその答えがあります。

裏側②『マネーイノベーションシステム(MIS)』と坂本よしたかの関与

こちらの矢印をご覧ください。

『マネーイノベーションシステム(MIS)』で公開されているYouTube動画のチャンネルが「坂本よしたか」となっています。

表立っての活動はみられませんが、100%坂本よしたかが関わっていることがわかると思います。

 

つまり、『マネーイノベーションシステム(MIS)』で紹介されるツールも中身がなく実際に使ってみたら稼げないというオチが高確率でありえるということです。

 

これまで数多くの案件をレビューしてきて、だいたい手口というのは想像がつくんですが、この手の案件には以下のパターンがあります。

  1. 言っていることに噓はないが、肝心なことは隠しているパターン
  2. 言っていることが結局噓というパターン

①の例

「100万円あげます!」

「現金ではなく、よくわからない仮想通貨100万円分」

②の例

「噓ではなく確実に100万円あげます!」

実際噓で音信不通になる

今回の案件はどっちのパターンもあり得ますが、坂本よしたかが絡むとなると②のパターンが濃厚です。

それでは白石正人は関係ないのか?

と思われるかもしれません。

 

白石氏に関しては僕も調査してみたんですが、一切情報がでてきませんでした。

 

本人も普段表に出てこないといっていましたが、坂本よしたかが絡んでいるとなると、ただの演者の可能性があります。

つまり、インタビュアーの女性の方含めてすべて偽物の演出ということです。

僕も最初はびっくりしたんですが、詐欺まがいの案件では本当によくあることなんです。

実際に億を稼ぐマーケターの方がいっていた事なので間違いないです。

なので、あなたも十分に注意してくださいね!

白石正人の『マネーイノベーションシステム(MIS)』の信憑性は?まとめ

 

康士郎
康士郎
今回の案件は100%オススメできません!

 

理由は以下の通りです。

  1. マネーイノベーションシステムの性能が不明である
  2. 坂本よしたかが関わっている

①マネーイノベーションシステムの性能が不明である

システムの全貌が明らかになっていないということで、実際に稼げるかどうかは判断できないのが現状です。

しっかりと稼げる仕組みを理解してから検討することをオススメします。

②坂本よしたかが関わっている

100%オススメできない理由はこれです。

坂本よしたかは注意喚起が絶えない人物です。

間接的にしろこの人が関わっているという時点で、『マネーイノベーションシステム(MIS)』の信憑性はかなり低いと思われます。

どうしても物販ビジネスをやりたいのであれば、他のところを探すことを僕はオススメします…!

Webやネットで「自由に」収入を得たいのなら

ここまで記事を読んでいただきましてありがとうございます!

きっとあなたは

  • 残業だらけで、忙しいわりには給料が少ない
  • 今後の将来が不安で副収入がほしい
  • FXやバイナリーオプション、仮想通貨にチャレンジしてきたけど稼げていない
  • 時間がない中で、ほったらかしで収益を上げていきたい
  • 転売、アフィリエイトを実践したけど作業しても稼げない

こういった悩みや不安を抱えているのかと思います。

ただ、ネットで稼ぐといった内容の情報って正直怪しいものが多いですよね…

 

康士郎
康士郎
残念なことに実際に中身がないものも多いです。

 

現在、そういった方に向けてLINE限定の無料相談を受け付けています。

  • 今回の案件に関する相談
  • 気になっている案件についての相談
  • 副業に関する相談全般

などなど、あなたが納得して頂けるまで丁寧にお答えします。

 

相談したい場合は、以下の「友だち追加」をクリックして次の2つのStepを踏んでください。

友だち追加

 

 

24時間以内には返信しますので、気軽にどうぞ!

 

また、現在無料企画として、

令和という副業戦国時代に

初心者でも0→1を突破していく

常識破りの特別企画

”ゼロイチ”

を実施しています。

詳細は↓↓をご確認ください!

【必読】副業戦国時代を生き抜く常識破りの方法